株式会社タハラ | 株式会社カンネツ pagetop

導入実績

導入企業様はどういう経緯でカンネツを選び、どんな改善が得られたのか。
様々な業界・規模、約30,000件に導入済。
現場にある多様な悩みを解決した導入事例をご紹介します。

株式会社タハラ 様 (導入事例No.2)

世界で初めて電動ブロー成形機を開発し、その国内市場シェアは80%を誇る 国内のほとんどのブロー成形容器にその技術が使用されている。

カンネツ製品導入歴

・2006年
本社工場 WL20納入

・2016年
本社工場 WL20更新

・2019年5月
国内外のお客様への多種多様なニーズにお応えする為に手狭となった旧工場から千葉県印西市に本社工場移転。

移設:ウォーターレスシステム(WL-20)
新設:ウォーターレスシステム(WL-40)、TOPPS配管

システム導入の背景を教えて下さい。

旧工場でウォーターレスクーラーシステムを導入していたこともあり、同システムを移設の上、新たな環境に適した設備が必要だった。

又、そのシステム(チラー)をカンネツに依頼する事によりエアー配管及び水配管も同時に施工出来る為、スッキリとした工場環境に出来る。

今回、工場が広くなりチラー本体から送水する距離が長くなるので、必要な水圧と水量をどれだけ確保できるのかが、気になっていたのでそういった課題にも対応して貰えた。

株式会社タハラ 常務取締役 明石 裕文 様

注目理由、他製品との比較状況などお聞かせ下さい。

建設施工会社に依頼するとなると、我々の方で水の背圧や水量、配管ルートなど事細かに指示を出す必要があります。

我々が求める水質・水圧・水量まで考慮し設計納入できる企業。
カンネツに依頼するのが、話が早くて良いという結論へ。

餅は餅屋ということです。

広い工場内をぐるりと囲むTOPPS配管

すっきりと一つにまとまった見せる配管

新たに増設されたウォーターレスシステム

今後の取り組みや課題について教えて下さい。

我々の作る機械は、お客様のご要望にあった成形機を設計することから始まります。

タハラでは“人がすべて”
流れ作業の工場ではなく、弊社の機械は全てが受注生産で一品一葉の為、社員の経験が全てです。
経験豊富な社員と効率性をどう高められるかを現場で話し合う姿勢を追求していきます。

整理整頓された現場で効率性を追求

~ 将来を見据えた提案 ~

設計から施工、メンテナンス、リニューアルまで幅広い対応で、
将来を見据えた付加価値の高い設備構築

1.柔軟な移設対応

当初、導入頂いたシステムを移設できることからも、お客様の将来の計画にあったシステムをご提案。

2.システムをつなぐ配管

工場規模に関わらず、水質は元より、均一な水圧、水量を供給。またエアー配管も一緒に設計できることから安心かつ見た目も美しいテスト環境をご提供。

3.手間=時間(コスト)を省く

冷却装置のみならず、工場全体への配管設計から施工までトータルでカンネツが行えることから工期の短縮が可能。

特許技術多数の高い技術力を保有し独自の多層成形での差別化技術で各メーカー様のニーズに応え、製品はシャンプーのボトルや、コピー機のトナー、自動車部品等の成形に利用されている。

icon

株式会社タハラ本社工場 様
千葉県印西市鹿黒南2-1

国内・海外と製品製造の割合は7:3。国内の顧客は多品目小ロットで品質をなによりも重視。 海外では大量生産に対応できるかといったことが重視され、成形機も大型化。 工期は4ヵ月から大型のモノで6ヵ月間に及ぶ。 技術の継承が難しいとも聞かれる中、実際に工場を見学させて頂くと若手と熟練者が共に作業をされていた。「年齢構成的にもバランスが良く、若手と熟練のコミュニケーションは取れている」と明石常務様から伺う。 実際にオフィス、工場内共に全ての従業員の方々の明るく爽やかな挨拶が徹底されており清々しい気持ちになれた。

icon企業情報

商号 株式会社タハラ
創立年月日 1951年(昭和26年)
代表者 鶴田 哲弥
資本金 50,000,000円
本社所在地 千葉県印西市鹿黒南2-1
従業員数 78名
事業内容 ブロー成形機の製造・販売