アクアシステム | Water LAB | 株式会社カンネツ pagetop
世界の水質・環境に対応

アクアシステム

カルシウムやマグネシウム成分の多い水だと軟水器、シリカ成分の多い水だとRO膜処理装置、その他に鉄分が多い場合は徐鉄装置といった具合に水質に応じる必要があります。金型等から発生するサビ等の懸濁物質(にごり)を除去するには、砂ろ過装置が威力を発揮します。

構成

ユニット機能

1軟水機

スケールの原因物質となる硬度成分を除去しRO膜を長持ちさせる

軟水機

通常の市水(水道水)や井戸水には、高度成分(カルシウム、マグネシウム)と金属イオンを含むため、硬度成分を除去する軟水機が必要

2RO膜処理装置

あらゆる不純物を取り除きます

RO膜処理装置 RO膜処理装置

3薬注装置

防錆剤(バイサビクリーン)を注入し、クリーンな水をキープ

薬注装置

バイサビクリーン

金属表面に緻密で薄い皮膜を生成し、錆から保護します。安全で環境に優しい生分解性防錆剤。亜硝酸塩・リン酸イオンを一切含みません。

4砂ろ過装置

循環水タンクの水に混入した不純物を取り除きます

砂ろ過装置

懸濁物質(SS)・浮遊物をろ過。
コンパクト設計で、現場に最適な機種を選択。

水質比較

水質比較 水質比較