シャトルクーラー | Cooling LAB | 株式会社カンネツ pagetop
金型過冷防止、焼付防止システム

シャトルクーラー

従来システムで生じていた生産効率を下げる問題を解決し製品の安定化にお応えいたします!

特徴

  • 装置タンク内の媒体(バイサビクリーン)を循環させているので、ピンの詰まりやスケール・錆を防止
  • 高圧の送水により、今まで冷却水を入れる事が出来なかった細い中子ピンを冷却する事が可能
  • ダイキャスト運転信号により、待機-冷却送水-エアパージの各時間を系統ごとに設定
  • エアパージを行い、冷えすぎを防止し、巣の発生を防止
  • 金型系統別に冷却時間の制御が可能
  • 金型毎に時間設定の保存が出来、入れ替え時にも簡易に再現

従来システム

生産効率を下げ、
工場を止める大きな要因!

  • 水の濃縮によるスケールの発生
  • 冷却塔による水の大量消費
  • 金型の冷却不足・異物混入
  • 金型の水管や配管の錆

提案システム

提案01:二次冷却システム

ダイカストマシンに最適な二次冷却システムの導入で、
冷却塔から発生する水の問題を解決

冷却塔で成しえなかった温度のバラつきを解決

チラー方式でサイクルアップに貢献

二次冷却システム

提案02: シャトルクーラー

生産向上を正確にサポート
サーマルリリースでサイクルアップに大きく貢献

中子ピンの焼付き防止に最適

シャトルクーラー